2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
一人ぼっちの人たち。
- 2007/08/21(Tue) -
 酔ってる時のオレの文字は暗号に他なりません。ホント読めたもんじゃない。ぁ、アルコールじゃありません、別の「何か」です。暑さだと思ってもらえたらありがたいですね。いやもー、暑すぎだろ。真相は風とともに流れていきました。こんばんはてらりんです。

 Aqua Timezの新曲を聞きました。「ALONES」。一人ぼっちの人たち、という意味の造語だそうです。

 ・・・持ってかれた。いや、今までの曲も一応全部聴いてるんですが、歌詞が美しすぎます。いつも、誰もが共感できることを、きれいな風景と絡めて奏でる。現代の詩人だなぁー、と思ったりします。

 歌詞がキレイゴト過ぎて聞けたもんじゃない、って友だちがいってましたが、意外な感想だなーって思います。

 いつも心に留めて、伝えることも吐き出すこともできないようなキレイゴトを僕らの代わりに詩って歌ってくれてる。だからこそ、これだけ聞いてる人がいるんだろうな、って思います。

 「文学は生きる力を与えるものであってこそ文学だ。」って内容の文章を最近読みました。事実だけを書き留めるだけなら、それはただの稚拙な作文に過ぎない、と。

 オレは別に日記文学を書こうとしているわけではありませんし、そんなことを目指すのもおこがましいかも知れませんが、生きる力のこもった文章にしたいとは思っています。ただ、ご存知のようにオレのブログには事実だけを書きとめ、その鬱憤を吐き出しただけの文章も多くあります。

 その反面、AquaTimezの言葉はそんな生きる力のこもった詩だと思います。全ての言葉が前を向いてる必要は感じませんが、それでも彼らの音楽には誰かの手を引っ張っていけるような力が感じられます。

 ・・・うらやましい。自分もそんな生きる力を与える言葉が紡げるようになりたい。
 この心のうちにある感謝も、喜びも、満足も、狂悪も、悲しみも、寂寞も、全てそのまま伝えられればいいのに。誰かに生きる力を与えるような言葉が綴れるような・・・誰かの心に働きかけるような言葉が描けるような人になりたい。そう思います。

 折れた淡い翼 君は少し 青すぎる空に疲れただけさ
もう誰かのためじゃなく 自分のために笑ってもいいよ
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<睡魔。 | メイン | 路傍の石。>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mendacityteller.blog109.fc2.com/tb.php/88-933779b5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。