2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
だけど俺は言葉を紡ぐ。だから俺は言葉を綴る。
- 2007/08/14(Tue) -
 昨晩の寂しさは、暖かさと眩しさで埋めてもらった。


 家族と二泊三日離れた程度で寂しくなるなんて思っても見ませんでした。よく考えたら学校の連中ともしばらく会ってないんだよね。夏休みですから。
 まぁ、自分が寂しがり屋なのは知ってたんだけどね。友達のブログ見た瞬間に寂しさが爆発したのさ。


 「聞くことは謙虚で注意深い人間を作る。書くことは確実な人間を作る。読むことは充実した人間を作る。話すことは準備の良い人間を作る。」
 おそらく、このブログを見ている人の中で最も楽しんでいるのは俺です。

 文章を書くことは正確な人間を作る。この根拠はおそらく、「自分を客観視できるから」でしょう。俺がここに書いてる心理状態とか、失敗談なんて下手すりゃ抱え込んで死ぬことができる様なものさえあります。「きっと、私は文章にしてなかったら笑い飛ばせさえしないような出来事にたくさん出会っている。」これはある親友が言っていたことです。

 これは前にもチラッと書いたことですが、「日本人は言葉に魂が宿ると考える」=「言霊信仰」というものを持っています。間違いなく、俺もその一人でしょう。自分の語った、紡いだ、綴った言葉には力が宿ると本気で信じています。


 自分が拾った日々のガラクタたちに、生命を与えてタカラに変える。本気でそんなことをしようとしています。バカバカしいとは、知りながらもね。


 俺は寂しくなったとき、誰かに俺の存在を認めて欲しくて、電話、メール、ブログなんかに頼ります。俺はここにいるんだ。生きてるんだ。ってね。

 それは何てことない日常の会話からも得られるものです。昨日はある親友に頼らせてもらったんですが。メールの返事は、俺なんかにはもったいない様な、泣きそうな内容でした。

 俺が、彼女の心の、壁を壊せた、と。俺は、誰かの光になれてる、と。

 俺は一度人間的に死んでいたことさえあります。そんな俺が、誰かの力になれた。誰かのそばに居れた。それを相手が認めてくれた。そう、何よりも俺が信じる「ことば」で伝えてくれた。

 きっと、ほかの人なら日々感じて、いや、感じることさえ実感しないような充実感。もし、俺が今までこれを持て余していたなら、なんて不幸なんだろう。今まで仲間や友人から、気づかぬうちに与えてもらっていたのかもしれない。

 これは傲慢ですが、俺は、全ての人間の友人になりたいと思っていた時期があります。そんなことはできないと今ではわかっているけどね。
 心のうちも明かせない友人が1000人居るのと、何もかも話すことができる親友が1人居るのと、どっちがいいか考えてみよう。

 俺には、そのどちらもがいる。これは誇らしいこと。まぁ、友達1000人は居ないだろうけどね。


 俺が再生したのも、俺が覚醒したのも、俺が成長したのも、きっかけは全て友人や、家族からもらったと思う。周りの人間に感謝し、そして、さらには俺が誰かの力になりたい。だから、俺は友人をできるかぎり大事にしようとしている。それができていないなら、恥ずべき事実だけれどね。

 俺の目指す人間は、きっと、誰よりも自分に正直で、でも、誰よりも誰かの味方になれる人。そんな、人になりたい。おそらく一生たどり着けない非現実的なはかない夢なのはわかっているけどね。でも、そんな人に少しでも近づいていっていると認めてもらえた今は、この世界全てを愛おしく感じられるんだ。

 俺は優しくなんかない。俺は素直なんかじゃない。俺が強いわけがない。

 ただ、あなたのそばにいたい。


 その言葉を胸に秘めて、俺は今を生きてると実感できる。


 そして、親友へ。ありがとう。俺なんかのために泣いてさえくれて。
 俺があなたの心の壁を破ろうとしたのは。
 間違いなくあなたの心の中が暖かくて居心地がいいからさ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 本気な文章 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<世の中にはいろんな人がいるもんだ。 | メイン | ジィ様宅宿泊。最終日。>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mendacityteller.blog109.fc2.com/tb.php/80-6e7c98aa
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。