スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
運動会。
- 2007/09/29(Sat) -
 3歳年下の妹と9年下の弟が居ます。弟は小学生です。
 9歳離れてたら、子どもから見たら見事におっさんなんですよ、オレ。素でオッサンとかいわないで。
 電話だと、声が低いわけですよ。弟の友だちも当然電話かけてくるわけです。しかも、なぜか女の子から。

 弟友「ぁ・・・ぁのぅ、もひもひ・・・」
 てら「(ん?女の子?弟あてか?)はい、寺田です。」
 弟友「ぅ・・・ぁ、ぁの・・・りょ、りょー君(弟)いますか?」
 てら「あー、弟は今遊びにいってるよ。どうしたの?」
 弟友「ぁ、じゃ、じゃあ、いいです。」
 てら「ごめんねー。あ、帰ってきたら電話しy・・・

 ガチャ!!

 ・・・切れた・・・?」

 あとからお袋から聞いた話、勇気を出して遊びに誘おうと思ったら「パパが出ちゃった・・・りょー君居なかった・・・」って言ってたらしい。「あんた怖がらせちゃダメじゃない!女の子が勇気出して電話してんだよ!?」とか言われました。オレは悪くねーよ。いや、オレが悪いのか。

 他にもあるんですよ。小学校って休んだら友だちが連絡帳もってきてくれるじゃないですか。で、それにも遭遇したんですよ。

 ピンポーン!
 「ぁ、はい」
 「ぁ!ぁぅ・・・ぁ、りょー君(弟)の・・・」
 「(ぁー、連絡帳ね)ん、ありがとう♪(←精一杯の優しい声。二度同じ轍は踏まねー。)ちょっと待ってね。」

 ガチャ
 「(ん、女の子か。しかも二人。さらに、ちょっとカワイイじゃねーか。あいつ、スミにおけねーなぁ・・・)ぁ、ありがとうね♪(←精一杯の優しい声+精一杯のぎこちない笑顔)」
 「ぁ・・・ぅ・・・ぅん・・・」

 女の子二人ダッシュ!!

 「ぁ、ありがとー!(←叫+涙)」

 あとからお袋から聞いた話、連絡長を持っていったら「パパがでtty(以下略)」

 あれ?目から透明な液体が・・・。これ、しょっぱい・・・。
 こんばんは、長すぎる挨拶です。てらりんです。涙もろいんです。


 さて、そんなわけで弟の運動会に行ってまいりました。家族と。子どもが居るわ居るわ。

 俺も行ってた小学校だったんですが、生徒が以前の倍近くにまでなってますから。校舎狭すぎて運動場にプレハブ建ってますから。運動場狭すぎますから!

 で、まぁ、お袋が前PTA会長とかやってたおかげで、オレがお袋といると「まぁー、こんな 立派な お兄ちゃんがいるなんて・・・」「いやだー、こんな大きなお兄ちゃんがいるなんて・・・」「わー!こんな しっかりした お兄ちゃんがいるなんて・・・」

 「「「・・・見えないわ。若いわねー。」」」

 大人は皆うそつきだ、って思いました。何より、オレの身が危ないんで話題を逸らしていこうと思います。

 で、そんな感じで気分は政治家のあいさつ回りですよ。どんだけ挨拶してんねん、ってくらい挨拶してましたから。こっち知ってなくってもむこうはこっちを知ってますからね。もうえぇわ。

 親はともかく、子どもも知ってますからね。道場の子とか、近所の公園で遊んであげるって名目で一緒に遊んでる子とかいますから。ってか、俺を見つけても指差すな。変な人みたいだろ。変な人言わないで!

 なんか、よく見たらどっかで見たオッサンもいるんですよ。
 オッ「おい、何やってんだ」
 てら「・・・せ、先生!?何やってんすか!?」
 顔見知りな学校の先生でした。
 オッ「オレは嫁さんの兄貴の(以下略)。まぁ、こんな時までお疲れさんだな。いい気分転換になるだろ。」
 てら「あっはっはー。まぁ、周り見ても高校生なんてほとんどいませんけどね。」
 オッ「いや、でも、まぁ、偉いよ。高校生にまでなって弟の運動会見に来たりさ。にしても、お前べんきょ(以下略)。」

 「(以下略)」使いすぎだな、って思いました。

 で、「パパ」なオレはカメラ番ですよ。もう、運動場から校舎の四階から、撮りまくりですよ。

 お遊戯っていうか、ダンスみたいなんもしっかり撮りました。綱引きもとりました。

 あのですね、綱引き見てたらただ一人赤白帽かぶってないやつがいるんですよ。ズームしたら弟なんですよ。おい、お前変な目立ち方すんな。

 更にですね、応援席も取ってやろうと思って小学校三年生の列を真後ろから見てたわけですよ。最前列で、周りが応援してる中砂いじりに夢中な4,5人の集団がいるんですよ。中心にいるの俺の弟なんですよ!!
お前変な目立ち方すんなって!!!

 なんか、自分を見てるようで若干いやになりました。弟よ、オレみたいになってくれるな。まぁ、自分貫くヤツは好きだけどな。

 まぁ、そんな感じでゴタゴタしながらも、弟や、小学生達の運動会を見てました。自分でやるのは大変ですが、やっぱり見ていたら純粋に楽しめるものです。

 勝った時に自然にわきあがる歓声とか、飛び跳ねるときの表情とか、子どものクセに・・・って思ってしまう真剣な表情とか。

 途中で雨が降って「ぁー、これ、オレらの体育祭の時と、状況一緒だなー」って思ったときも、妙に感情移入してみてました。妹も遅ればせながら駆けつけてきました。友達連れて。なんか、そこでも挨拶してたんですけど、俺。もうナチュラルー!!とうとう壊れた。

 運動会ですが、定番の組体操でも、数年前の子達ほど体力のない子ども達とはいえ、非常にがんばっている様子が見えました。一生懸命やる、で見せて魅せるあの姿は、やっぱり感動を与えてくれるものです。

 弟の学年のダンスだって、かつての産まれたばっかの頃を思い出すと、成長が見えていいものでした。ははっ、ほんとにパパじゃんか。

 これからも、弟の、そして、その友だちや俺の知ってる子ども達の成長が見たいな、って思った。そんな運動会でした。


 さて、色々運動会について書いてきました。正直、この記事を読んだ友人が「また年齢無差別か」とか「おい、ジャンル開拓しすぎ」とか言ってきそうでびくびくしてますが気にしない方向で。

 弟よ。よくがんばったな。これからも楽しみだぞー!
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑記。 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
蚊。
- 2007/09/28(Fri) -
 ふむ、今夜の獲物はコイツか。なんともひ弱そーなやつだな。
 顔色もよくないし。顔もよくないし。
 まぁ、寝込みを襲うようで悪いけど、ちょっと血をわけてもらいますよー、っと。

 「ぁー、また蚊ぁ飛んでやがる。寝込みを襲うとはいい度胸だ。そういえば、なんか、寝込みとネコミミって似てるよな。」

 うわ、起きてやがる。ってか、起きてるならなんで部屋真っ暗なんだよ。根暗だな。
 てか、なんだよその人間失格発言は。なんかこいつの血吸うのイヤだなー。

 「ってか、蚊も減ってきたなー。もうじき秋なんかねぇ。ってか、ムイムイうっせーんだよ。」

 な、こいつ、俺のロックンロールを・・・

 「ぁー、そいえば最近読んだ英文に『蚊のイイトコを考えさせるのは子どものポジティブさを養うのにいい』って書いてたよな。ちょっと考えてみるかー。」

 ん、なんだこいつ、変なヤツだな。まぁ、ちょっと聞いてみるか。
 ってか、こいつ、ずっと一人で喋ってるよな。痛いな。むしろイタいな。

 「まぁ、蚊って吸血鬼みたいな印象あるよな。夜行性だし。真っ黒だし。ぁ、白も入ってるか。んー・・・なんか、色合い的にはオレのイメージと一緒だなー。」

 一緒にすんな。

 「蚊のイイトコかー・・・。なんか、いやな印象しかねーんだよな。やっぱ。かゆいし、血ぃ吸われるし、病原菌撒き散らしてたし。すぐボウフラも沸きやがる。」

 なんか、お前もいやな印象しかねーんですけど。まぁ、すぐ叩かないだけマシか。

 「ぁ、いいとこ見っけ。蚊って栄養摂取するのに他のもの殺さねーよな。なんだかんだで血吸うだけだし。まぁ、病気かかったらヤバいだろうけど。」

 「人間なんていろんなもん殺して食ってるもんなー。そういう意味ではあれだよ、点滴とか流動食とかだけで生活してるようなもんだよな。ぁ、流動食ってどうやって作んのか知んねーけど。」

 「んー、他に見つけろっつったら、人間の非力さを教えてくれる、みたいな?いや、ちょっとちげーか。まぁ、なんにせよ、食物連鎖のてっぺんでふんぞり返ってるオレらからしたらたまには傷ついたほうがいいのかも知んないね。」

 なんか、こいつ、変なヤツだな。でも、意外と謙虚でいいやつなんかも・・・。

 「ま、これは超個人的だけど、血見るとテンション上がるしな。ドキドキワクワク、みたいな。さすがにドクドクワクワクまでいっちまうとテンション上がるどころの話じゃねーケド。ぶふふ。」

 前言撤回。普通に変態だ。

 「蚊のイイトコ・・・こんな感じか。・・・っはは、こんだけモノ考えさせてくれたんだからこの蚊にも感謝しねーと、だな。」

 ふむ、殊勝な心がけじゃないか。いやー、たまにはこんな変人の話を聞くのもいいもんだね。
 さーて、そろそろ腹も減ったしいい加減栄養取らせていただきますか。
 どこにしようかねー。指はかゆいって評判だし、ここは情けをかけて肩辺りいっときますか。
 ささ、唾液を入れて、っと。いただきまーす!

 「ま、やっぱムカつくし、オレの血ぃ吸わせんのはいらつくからとっとと成敗しとくか。」

 ぇ、え、ええ、えええ!?いや、ちょっと待ってくださいよ。待機を待ってくださいよ。
 ここはあれでしょ。感謝の気持ちに血の一滴二滴オレらに分け与えるところでしょ!
 え、だから、食事中は動けないんだってー!やめr

 パァン!!
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
眠気と睡眠欲。
- 2007/09/27(Thu) -
 一度やめてしまうと継続はなかなか戻ってこないもんですね。
 何気に授業中眠るのは習慣化してます。ダメすぎる。
 こんばんは、てらりんです。

 あるブログで「眠い」と「寝たい」は違う、って言ってました。いや、これ、オレも大賛成です、

 俺の場合、眠い、っつったらとりあえずなんとなく、眠いなー、ってくらい。頭ボーってしてるわー、とか。せいぜい倒れそう、ってなくらいです。

 で、寝たいってったらそのひどいバージョンです。眠すぎるなー、って感じで。うわ、もう、倒れこんで寝ちゃいたい。ベットと枕をくれ、って感じです。

 で、今日は、モロ寝たかったです。ていうか、眠いも寝たいもなかったです。

 気づいたら寝てました。気づいたら朝でした。

 てなわけで、気づいたらこの記事は終了です。ではまた。
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
満月の日に。
- 2007/09/26(Wed) -
 むぎゃー!見事に6日間ブログサボってしまいました。

 何気にマジメに勉強してたんですが、まぁ、そうなると全然メールとかも見てませんでして。友達が風邪引いてたり、既に風邪治してたり、更にカラオケ行って悪化させてたり。どないやねん。

 ってなわけで、普通に休んじゃってもいいんですが、せっかく文章は考えてたんで怒涛の記事更新連発行って見たいと思います。ムリ過ぎる。

 髪が伸びてきたので下ろして生活してます。次はやんちゃッ気なしで髪切ってもらおうかな・・・。こんばんは、てらりんです。

 今日は満月。ってことで図書館の帰り、海に行ってベンチの背もたれにもたれず、背もたれに座って月を見てました。お腹がすいたので帰りました。で、家のベランダでやっぱり月を見てました。眠くなったので寝ました。

 客観的に書くとこれだけで終わる記事。

 主観的思考は追記へ。

 いい月だ。
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イメチェンって言っとけば大抵なんとかなる。
- 2007/09/25(Tue) -
 なんかさー、ゥチの家族っておんなじトコにいてもぜんっぜん会話通じてねー、っつーかさー。マジカオスなんだけど(゚∀。*)

 妹「ねー父さん、これどの皿に付けるの?」
 父「ぁー、みーちゃん(妹)・・・じゃねーやお前は・・・りょーちゃん(弟)・・・でもねーや、てらりん。飯盛り付けろ。」
 弟「ねぇ兄ちゃん。ここ越せないんだけど・・・」
 てらりん「ぁー、今兄ちゃん忙しいんだ。ほら、文章かいてるだろ?勉強してるふりしてブログ書いてんだ。」
 母「ちょっとてらりん!さっさと手伝いなさい。」
 妹「ねぇ、ちょっと父さん聞いてる?」

 さっすがゥチの家族"笑 チョーウケるんだけどヮラヮラ
 こんばんはー、てらりんだよー☆

 なんかさ、ゥチの学校に「よしじー」っつー先生がいんだけど、「熱く、何かを一心に追い求める子どもらしさを持つ大人こそ真の大人だ」とかゆっちゃってさー。マジチョー感動したの!チョーマジで!(´Д`*)

 しかもさー、なんか、やたらハジけたトモラチがいるんだけどー「てらりんのブログってさー、難しい話が多いってかさー。なんつーの?教師!?みたいなー(>∀<*)」「もっと元気よくサー!だってオレら高校生じゃん!?青春だべ!?」とかゆわれちゃってー。

 しかもー、またCoolな友らちが「その青臭い悩みを書けばいいのに。その失敗多きコイバナをさー。」とかゆってんの"笑 なにそれウケルー"爆 青汁かよ!みたいな"核 今日はちょっとハジけた感じでブログ書いてみYOーみたいな(≧▽≦*)

 で、巷で見つけたなるべく頭弱そうな女子こーせーのマネしたりなんかしたりしてー!キャハ☆
 でもまー、なんつーの?子どもらしさ大事だしー♪

 それでさーちょっと聞いてよ!今日の昼休みの話なんだけどさー
 「モロヘイヤ嫌いだわー」ってさっきのハジけたヤツが言ったのー。で、「地名みたいじゃん?」ってゆうから

 「モロ平野?メッチャ平野ーみたいな?ぶふっ」

 とかゆったらマジ苦笑ってかさー。いたたまれなそーにしてんの。しかもさっきのCoolなヤツもさー。「それ、ヒくわ。おもんない。おもんなさすぎ。死刑な。」とかゆってんの。チョーありえなくね??関西人ナメんな、みたいな"笑

 でさ、そっから何人かでゲームやって罰ゲーすることになったのー。「罰ゲーム、顔芸で笑わせろ」とかゆってくんの。「'`ァ?」とか思ってー。マジムリー、みたいな。「向かい風追い風」っていうので二人笑わせたんだけどさー。残り一人必死で耐えてんの。何がんばってんのー?みたいな"笑

 しかもそいつが罰ゲあたったとき、下ネタであっさり切り抜けちゃってるんですヶド~"爆 ま、ゥチも笑っちゃったんだけどさ(゚∀゚)

 そのあと下ネタで笑わせたんだけどね。アハ♪

 ぁ、今日ねースッゴイ満月なんだよー!やっぱ自分らしくシメないとカッコ付かないよねー☆じゃ、またねー!バイバ~イ(*^・゚)ノシ
この記事のURL | 雑記。 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
詩を奏でる。
- 2007/09/23(Sun) -
 たまにトリートメント使って髪を洗うとその日はストレートな気分を味わえるんですが、次の日の朝、若干のクセ毛に泣きそうになります。こんばんは、てらりんです。

 世界には色々スゴイ人が居て、こんなこと言ってる劇作家も居ます。
「言葉を発せられる人間全てに話す権利が与えられていると思うな。」
「詩的な言葉意外は話すな。」
 スッゲー人だな、って本気で思います。

 そんなんムリだよ!オレ、詩とか・・・書いたことないわけじゃないけど・・・さ。
 なので、「ぁ、この人詩人だなー」って俺が言ったらかなり尊敬の念が込められているんです。

 というわけで、何気に23日の分の記事を書きたいがためのつなぎの記事なんですが、普通のブログってこんな感じなんだろうなー、って思いました。

 さて、これは23日に書いてる記事なので

 あくまで予想ですが、

 明日は「手首と刃物」っていう題で文章を書こうとして挫折して、結局記事は書かないと思います。オレには、ムリです。

 明後日は若干頭おかしい感じでブログを書くと思います。

 そんなわけで、今日は寝ます。おやすみなさーい。
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さまざまな表情。
- 2007/09/22(Sat) -
 今日は弟の誕生日でした。・・・9歳おめでとう!!
 なんか、お前の世話するっつーより一緒にギャーギャー騒いでるダメ過ぎる兄ちゃんだけど、泣き虫で甘えんぼで妙に小賢しいお前の成長が楽しみだ。死ぬまでよろしくな!主に介護の面で!ぁ、それは妹にさせようか・・・。こんばんは、ダメ兄貴なてらりんです。

 でもな、兄ちゃん思うんだ。若干ゲームしすぎだぞ。

 さて、この日の3日前の電話でのことです。
 「あんな、あんな、金曜(21日)にな、東京事変が「僕らの音楽」っていう番組に出るねん!見てな!で、また東京事変のお話しよね!」
 っていう嬉しすぎるお誘いを受けておりました。番組開始が11時半。いつもなら寝ているところですが、東京事変!さらに、女の子からのオススメ!こりゃ、是が非でも起きて、見て、お話しなくてはいけません。

 11時半。いつものごとく爆睡してました。ギャー。

 だが、慌てるのはまだ早い。女の子からのオススメをみすみす見逃すわけには行きません!予約録画。便利な時代になりました。

 アーティストと、その人が今一番合いたい人の対談に、曲を挟んでいく形式の番組でした。ゲストは椎名林檎さんと、高田純次さん。なんでも林檎さんは、理想の男性像が高田さんなんだそうです。全く相手を気負わせないところがスゴイ、とか。まぁ、なんとなくわかるようなわからないような・・・。

 で、見てて思ったんですが椎名林檎さん。よく笑うんですよね。しかも、メッチャかわいい。

 なんか、他の番組とかだとツンっとしたイメージがあるというか。キャラ作りって言ったら変ですけどね。意外な一面、って言うか・・・。とりあえず、ツタヤに走りましたがCD一枚も残ってませんでした。おい。

 東京事変は女の子のオススメ、っていうのを差し引いてもものっすごいお釣りがくるくらいステキだなー、って思います。まず、音がかっこいい。

 ただ、詩にこめられたテーマとか、ってのはお子ちゃまなオレにはまだまだわからないものが多いです。ふーむ・・・、いつになったらわかるようになれるか・・・。ただ、以前は聞くことすらも抵抗があったので大いなる進歩だと思ったり。

 そして、人って色んな表情があるから、そのいつも見せない表情を見たとき「あれ?この人って・・・」って思って更なる好感を抱いたりするんですよね。その逆も然り。

 東京事変と椎名林檎さんを更に好きになってこれからもガンガン聞いていこうと思ったのでした。

 ちなみに、オレは「黙ってればかっこいいのにナー。もったいない。」って言われたことがあります。・・・それ、喜んでいいのか悲しんでいいのかわかんないんですけど。

 まぁ、歯並びが悪いっていいたいんだよね?違うか。
この記事のURL | 雑記。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
離任の挨拶。
- 2007/09/21(Fri) -
 ほんじゃー、なんか次の委員会も予想外に早く決まってしまったし、いちおー考えてきてたんで、お話したいと思います。

 ・・・ぁー。えっとー。昔の言葉に「船頭多くして船山を登る」ってー言葉があります。船乗ってる人たちが「こっち行こーぜ」「いや、あっちだろ」って好き勝手いってたら海へ行くはずの船が山を登ってしまったー、っつー言葉なんです。

 ほんで!ぇー、この言葉、かなりこの学年を言い当ててるなー、って思って思いつきました。なんてーか、この学年ってこの学校の生徒らしくないじゃないですか!頭髪検査も、なかば確信犯的に・・・えー、確信犯的にサボってるし、社会奉仕の募金には金出さねーし、授業中にケータイ鳴らして取られるし。

 だけど、船で山登るってのはスゴイことで、それもこの学年を表してると思うんです。パワーってか勢いってか、団結力とか、あと、そう、意外性とか。この学年って皆かなり個性的なんだけど、特にこのA組って、つい最近卒業アルバムのクラス紹介の文章とか書いてるときにも思ったんですけど、みんなかなり個性的なんですよね。なんていうか・・・ほら、皆メッチャ変なヤツばっかじゃないですか!

 だから、逆に、この中の誰がこのクラスの委員長やっても、えーと、なんて言ったらいいんだろ・・・、うん、そう、進んでいけるんだろうなー、って思いました。で、そう思うとほんっと、オレが今年の初めに「委員長やろう」って思ったのが不思議でしょうがないんですよね。うん、ほんと。特に、中学校の頃のオレとか、小学校の頃のオレとか知ってる人だったらわかると思うんですが、今オレがこんな前出て話してるのなんてホント奇跡です。

 ただ、やっぱり「にわか委員長」っていうか、全然委員長として必要な能力がない、っていうか・・・決断力も無いし、頼りないし、何かにつけてないない尽くしな委員長でした。皆の出席取らなあかんのに遅刻してきたりして。皆に、特に副委員長の子には迷惑かけまくったナー、って思います。

 でも、なんていうか、具体的にはわからないんですが、何か委員長やって、なんか変わったんじゃないかなー、って思います。そんなわけで、委員長やってよかったなー、ってホント思います。ありがとうございました。

 これで、離任の挨拶とさせてもら
この記事のURL | 雑記。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
リーダー。
- 2007/09/20(Thu) -
 たまに歯磨き粉で顔を洗いそうになります。危ない危ない。一回歯ブラシにシャンプー盛ったこともあります。危ない危ない。こんばんは、てらりんです。

 さて、今日次期生徒会長選挙、というのがありました。今まで親友が務めて努めていた生徒会長が、一つ下の生徒に代替わりする日です。
 で、その初っ端に中1~高2の前で今期の活動報告をやってきました。まぁ、ネタとしても、会場の反応としても盛り上がらず、逆に最初の候補の演説の盛り上がりに貢献できたんじゃねーかな、とさえ思いました。ちょっと寂しい。

 まぁ、候補が三人という立候補者過去最多の選挙でした。まぁ、発足してから三年しか経ってないんですけどね。

 うちの学校には巷で言う「風紀委員会」と「清掃委員会」を足して2で割らずに、更に何か足したみたいな、「一つで二度おいしい」とか言ってる場合じゃないくらい軽く最強な委員会があります。なまじ伝統があるだけにとんでもねー権力と圧力を持ってるんですね。まぁ、それがいい意味でも悪い意味でもうちの学校らしさの一つになってるんですが。で、それに対抗しようとして先輩が三年前に作ったのが生徒会なんです。

 で、今年生徒会長に立候補した三人は未だ力の弱い生徒会が、そのとんでもねー委員会の決めた規則をどうやって改善、緩和していくか、っていう公約を挙げて参戦しました。

 一人目は「俺が考えたいい方法がある。一緒にやろうぜ、付いて来い」タイプ。
 二人目は「とりあえず小さいことでもいいから徐々に変えていこう。俺に任せろ!」タイプ。
 三人目は「このままじゃ変えるなんてどーせムリ。どうあるべきか皆で考えていこう」タイプ。

 皆やりたいことは一つなのにその手段が三つ。よく考えたなー、思いました。

 結果は三人目の圧勝。一緒に進もう、ってタイプが一番支持されたようです。まぁ、三人の普段の素行とか、話す順番も響いた感はありましたが。

 ちなみに、オレが選ぶのは二人目。オレは今期の生徒会にも所属していたし、どうせ一緒に仕事するならグイグイ力強く引っ張って行ってくれるリーダーの元で働きたいんです。ま、高三には選挙権ありませんでしたし、生徒会も引退ですが。

 先頭に立てるリーダーシップ。今回の選挙では三通り示されましたが、さて、どんなのが一番リーダーらしいんでしょうか?非常に悩ましいところです。

 ともかく、一年間生徒会長として、まだハッキリしていない組織の方向性にも悩みながら、その奇抜で多種多様な発想を武器に、全校生徒、そしてオレに多大なる影響をもたらした親友へ。おつかれさま。お前と仕事できて楽しかったよ。また何かやるときは是非声かけてくれ。

 そして、明日はクラスの委員会選挙。オレも明日で委員長のお仕事終了です。・・・うん、感想とかはまた明日書こうかな。

 人間が役職を作るんじゃない。役職が人間を作るんだ。

 ・・・オレはリーダーらしく、あれたかな?
この記事のURL | 雑記。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
約束。期待。予想。
- 2007/09/19(Wed) -
 気分は夏休み残り二日。図書館で作文ルーズリーフ四枚分とか我ながらスゴイです。勉強しろ。こんにちは、てらりんです。

 約束は守るためにある。予想は当たるためにある。期待は応えるためにある。

 非常に当たり前で何の捻りもない命題です。ですが、約束も予想も期待も、それぞれ前提としてそれが破られ、外れ、裏切られる可能性を秘めています。逆説的に言えば、約束は破られるために、予想は外れるために、期待は裏切るためにあるんです。そんなわけで、事あるごとに約束も予想も期待も吹っ飛ばしてしまうオレの言い訳でした。

 さて、今日の話は予想が外れた話と期待を裏切られた話を一つずつ。

 文化祭。昨年は俺の記憶違いで5600もの人が訪れたそうです。そして、これは一昨年の倍で、2800人からの大いなる飛躍でした。更に、これは歴代二位の成績で、「オレらの学年マジ最強」とか思ってました。この記録はしばらく塗り替えられないはず・・・。

 がっちり裏切られました。一年にして、歴代三位に降格です。やー、今年は6000人ちょいだったそうです。うわぉ。

 ・・・まぁ、伸び率はオレらの日じゃねーけどな、とか思いつつ、この数字は下の学年がオレらから色んなものをいい意味で吸収して盗んだ結果なんだろうナー、って思いました。それに、前年が面白かったら「今年も行ってみよう!」ってなりますし。下の学年に残せた最高の贈り物かもしれません。

 こーやって伝統は受け継がれるんでしょうね。いい感じで予想が裏切られ、なんか誇らしいと同時に寂しい気持ちになっちゃいました。

 そして、期待を裏切られた話。反省文出しました。朝に。お呼ばれしました。昼に。

 いや、浮かれてました。とうとうケータイが返ってくる。友達に、親友に、そして女の子にメールが出せる!女の子と電話ができる!女の子と・・・イヤッホーィ!!

 「なぁ、この文章、次持ってくるのが前提じゃないのか?」
 「ていうか、この文章、「もう持って来ません」ってかいてないよな?」
 「まぁ、色々考えてるのはわかるんだけどな、」
 「字も汚いし、」

 「もう持ってきません、って足して書き直して来い」

 「は?」
 あなた、本当に化学の先生ですか?あの、えっと、ごめんなさい、なめてました。もろピンポイントです。
 「すいません」も「ごめんなさい」も「申し訳ありません」も書いてない反省文は初めて見るんだそうです。・・・まぁ、そうだろうな。

 うなだれて帰った教室で親友から一言。
 「そりゃそーだろ。あれ、反省文ってーか、ただのいい文章だったし。」
 ・・・おい。・・・嬉しいぞ。

 さて、明日は中1~高2の前でお話します。がんばろっと。

 ・・・ケータイ・・・。
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Not number one,but only one.
- 2007/09/18(Tue) -
 五日間ブログ放りっぱでした。たしか、この日も休みだったです。タイトルを英語にしてカッコつけてみました。「一番じゃーないけど、唯一のモノなんだ」って意味です。お久しぶり。てらりんです。
 五日間練りまくって考え方も次々変わった、毒はないけど真剣すぎる文章です。追記へどうぞ。
この記事のURL | 本気な文章 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
敬老の日。
- 2007/09/17(Mon) -
 血を吸ってる最中の蚊を叩き潰して血があふれてくると、もう蚊を殺したこととか忘れて悦に云ってしまう危険な俺がいます。こんばんわ。てらりんです。

 今日は敬老の日です。ご老体を敬う日。じーちゃんばーちゃんいつもありがとう。ボケててもいい。元気でいてくれよ。そして、こんな休日をくれてありがとう。印象ガタ崩れ。

 てなわけでバトンいってみましょう。流れが不可解すぎる。
 まわしてくれた優夜さんどうもです。今度メアド聞くんで教えてください。半分冗談です。残りの半分本気です。
 ぁ、あの天邪鬼の詩と少年と少女の詩Ⅳ好きです。ものっすごいグァーンって感じでした。伝わらないですね。

 そして回してくれた時のコメント。色のイメージだそうです。

 黄色→てらりんさん!(なんか明るい感じするから)

 ごめんなさい、その調子で行くなら物凄い勢いで真っ黒です。扱いやすいネタありがとうございます。

 てなわけで追記で恋愛バトン。
 ぁ、そういえば親友の一人が恋をしたそうで。応援してるよっ。全く参考にならないだろうケドバトン見てってくださいな。
この記事のURL | 雑記。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
海賊。
- 2007/09/16(Sun) -
 学校行事の盛んな時期になってまいりました。中高一貫学校の高三なので全く以て参加できず、お祭り好きの血が騒ぎっぱなしで全くお勉強に集中できないんですが、いつもなんで、もはや気になりません。こんばんは。てらりんです。

 ご多分に漏れず、我が高校でも昨日今日と文化祭が開催されていました。うちの学校は、世間では珍しいらしいんですが春の体育祭、秋の文化祭共に教師が全く関与しない、という伝統があります。正直、金と日程以外は教師以外で全てやってしまうからですね。まぁ、その二つがかなーり重要だったりするんですが。

 うちの文化祭は例年、テーマを一言で表してしまおう、まぁ平たく言えばタイトルを付けちゃおう、っていう伝統があります。

 去年のタイトルは「海賊」。まぁ、皆一丸とやってこう、とか世間に流されずに俺たちだけのものを、みたいな感じで海賊でした。

 今年こそ図書館でヒッキーやってましたが、去年はオレも海賊の船員として、講堂部署内TOP3っていう偉いんだか偉くないんだかイマイチわからないポストについて走り回ってました。まぁ、いやな作業はヒラの役員に丸投げして、めんどくさい作業は全部上司に当たる主任に押し付けて、出なくていい主任会議に出て、講堂っていう学校内で一番電力を食うステージの裏方機械役のボスをやってました。・・・意外に権力振りかざしてんな。

 オープニングセレモニー、通称オプセレと呼ばれる開会式の担当もやってまして、それが例年にない大成功っつー評をもらったりしました。一緒にがんばったヤツらを今でも誇りに思ってます。

 二日間共に降水確率80%、更に台風接近、っつーバカみたいなコンディションのなか、二日間通して結局雨が降ったのは祭りが終わってからでした。来客数6000オーバーっていう歴代第二位の記録も作り出したしね。とんだ海賊達だ。

 そういえば、閉会式で他の主任なんかと大泣きして、片付け作業中も機械室でただ一人ゥワンゥワン泣いてたっけ・・・。「大丈夫か?」ってメッチャ言われた気がする。まぁ、作業終わってから、いや、作業中にあった主任と目ぇ合わした瞬間またボロボロに泣き始めてお互い肩叩きあったっけ。いや、あの、抱き合ってって意味ね。マッサージのノリじゃないです。

 未だにその当時一緒に仕事した仲間と仲良くやってますし、学年のまとまりも、絆もほんとに強いものになってると思います。

 そんな「海賊」から一年。全てを下の学年にゆだねて「宴」のタイトルを冠する文化祭が昨日今日と開催されていたんです。

 一日目、講堂部署最大の任務オプセレが終わった時間帯に行きました。まだ始まってそんな経ってないってのにけっこーな人の入りですよ。土日開催なんで、そのほうが人のいりは多かったんで少々が。

 毎年の恒例、千円分の差し入れを入れて、帰ってまいりました。・・・・その成功は確信しながら、結果はいまだ知らないままです。

 祭り。それを伝えていく、っていうのは、人を呼ぶノウハウとか、効率のいい作業方法とか、そんなもんを伝えていくのも物凄い大事なんですが、それだけじゃない。

 楽しんでる姿を、仕事する背中を、精一杯やりきった涙を。
 それを伝えていく、それこそが祭りを伝えていくってことなんだと思いました。

 さぁ、海賊は去り、宴は終わった。・・・次は何がやってくるのか、今から楽しみだよ。
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これ、次学校行く時出してくる。
- 2007/09/15(Sat) -
  反省文  高三A-23 てらりん


 反省文として人生で初めて自分の過ちに対して公的に感想文を書くことになった。文章にする、という行為には自分の意見、行動、感想などを客観的なものとして作り直すことができる、という利点がある。

 つまり、この反省文は自らの犯した過ちを正確に捉え、それに対しての自分の反省を書き記したものでなくてはならない。

 8月16日木曜午前9時。ケータイのアラームが鳴り漢文の補習授業を一時中断してしまうことになった。お盆休みの間、できる限りの規則正しさをもって生活するため、毎朝9時にアラームをセットしていたからだ。過ちはこの時点で既に発生しており、日頃から6時代7時代にアラームをセットしておけば、補習授業中にケータイが鳴ることもなかったのだ。

 アラームは段階的に音量が上がっていくタイプのもので、1分間なり続けるものだった。アラームもさることながら、焦っていた自分自身が発してしまった声も授業を止めてしまう要因となってしまった。

 当然、校内でケータイが鳴ることを警戒して電源を切っていたのだが、ケータイのアラームはわざわざ勝手に電源を入れて鳴り出すものだった。

 授業を中断してしまったことに対し、迷惑をかけた先生と他の生徒達に謝りたい。

 そして、もっとも大きな過ちは「そもそも学校にケータイを持っていった」ことにある。なぜならそれは、善悪や理由などはともかく「学校には生徒はケータイを持ってきてはならない」という厳格な規則があるからだ。

 個人的には「そもそもなんでそんな規則が存在するのか」というところから甚だ疑問で仕方がないのだが、「学校」という集団にそういった決まりがある以上、「生徒」という一構成員を担っている自分はその決まりを守らなければならなかった。

 更に、学級委員長という立場を踏まえて行動しなかった点にも著しい責任感の欠如が見受けられる。かも知れない。

 さて、学校は社会を延長線上において成立したものだ。つまり、学校で課せられる学業は仕事、規則はいわば世間の常識、そして、友人は仲間へと繋がっていくものだ、と考えられる。

 今回私が犯した過ちは「学校にケータイを持ち込み、更に授業中に(不本意ながら)使用し、そして授業を中断してしまった」ことにある。

 社会において「職場にケータイを持ってくるな」という規則はないだろうが、銃刀法、麻薬取締法などにも定められているように「一般に社会的に認められていないもの」を持ち歩くことは罪になる。ケータイの持ち込みはその規則を破ったことに相当する、と仮定することもできるかもしれない。ケータイと麻薬では重要度に大きな違いがあるだろうが。

 また、授業中にケータイを鳴らす、という行為は「会議中などにケータイを鳴らす」などといったマナー違反と同等に非常に迷惑なものだ。せめてもの他人に迷惑をかけないようにしたい。

 以上の反省をこれからの生活に生かせるように努力したい。 9月15日
この記事のURL | 雑記。 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
眼帯フェチ。
- 2007/09/14(Fri) -
 YAHOOで「眼帯」って検索入れると20番目にうちのブログが出てきました。こんばんは、てらりんです。

 画像UPを目論んでたんですが、ケータイが無いんで写メでアップすることもできず、ググって画像検索したにもかかわらず、似たようなのが出てこない、あるいは似てても掲載したくない、というダメっぷりでした。

 ていうか、巷では「眼帯」=「眼帯をつけている、マンガorアニメのキャラ」を指すようで、「眼帯同盟」なんかを漁ってみても「眼帯そのものが好き!!」っていう同盟はほっとんどありませんでした。まぁ、そりゃそうか。ちなみに、Dグレのラビとかエアギアの顎・アキトが人気でした。

 そして、グーグルの画像検索で見てても「衛生眼帯」ってほとんどないんですよね。たいがい、ドクロなりハートなり十字架なりが描いてあるんです。あと、真っ黒の海賊が付けてそうなんだったり。
 オレのはこれでもかって位「医療用の白くて穴がたくさん空いてるありふれた眼帯」です。海賊っぽいのとか付けて歩けないです!なんか、コスプレっぽいじゃないですか!・・・とか言いつつ右目ほとんど治ってるにも関わらず眼帯してる時点で若干コスプレ入ってるんですケドね。

 さて、何気にこの記事は16日に書いてるんですが、4日間付けてて気づいたことがあります。

 誰かとすれ違う時、相手が俺の顔を見てるトキはたいがい眼帯を見てるみたいで、更に、オレと目が合うとサッと目を逸らすんですよね。そんな気になるんかい。まぁ、オレなら気になるけど。
 そして、親子で歩いてる時、子どもと親との反応は正反対ってなぐらいでした。子どもは「おにいちゃん目どうしたの~?」ってな感じでジーーーッとこっち見てくるんですが、親は他の大人同様、オレと目が合うとメッチャ気まずそうに目を逸らすんですよね。子どもって純粋だナァ・・・。

 よくわかんない結論です。
 とりあえず、ちょっとマジメな話を追記回し。
この記事のURL | 雑記。 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
今もまだ。
- 2007/09/13(Thu) -
 昨日の分の記事はまたいつか書こうと思います。こんばんは、てらりんです。

 今朝、起きたら、目が腫れてました。

 ・・・おかしい。かゆくてかゆくて仕方がない。吐き気治って頭痛止まったら今度は目が腫れるとか。次あたり腹でも下すんじゃねーのか。どーにかしてくれ。
 まぁ、こんなてらりんもお年頃、ちょっと見た目が気になるので眼帯で隠すことにいたしました。
 「お袋ー、眼帯くれー。」
 「前あんたに渡したでしょー?」

 ・・・いつだそれ。ってか、んなもんオレ持ってねーよ。

 「ぇ、マジでか。24時間営業の薬屋とかこの辺ねーだろ・・・」
 そこで妹から一言救いの言葉が。
 「前、コンビニで売ってたよ。」
 マジでか。

 そんなわけで、朝からコンビニ巡りに行きまして。三件回って見つかりませんでした。ありえない。バッチリ電車二本乗り過ごしましたからね。

 そんなこんなで右目が腫れてるっつーのに駅に着いたら学校までマジダッシュですからね。登山道15分間走りっぱなし。死んでしまう。

 なんとか間に合い委員長なんで出席をとった後、保健室で眼帯をもらえました。いやもー、何が大変ってかゆくてかゆくて仕方がないんですよね。

 教室に入ったら、案の定浮きました。元から浮いてるのは気のせいです。気のせい気のせい。一日中色んな人に話しかけられました。

 「独眼流独眼流!かっこえーじゃん!」
 「いや、見えにくくって仕方ないんですけど」
 よく武将なんかやってたな、って尊敬。

 「眼帯フェチだったのか」
 「なんだそれ!んなもんあんのか!」
 そんなものあるんですか?

 「イメチェン?」
 「イメチェン。」
 イメチェン。

 「目つき悪いな。」
 「しゃーないだろ。」
 「元からだけどな。」
 しゃーないだろ。

 「コスプレ?」
 「なんのだ!」
 「あれあれ、最近映画化したヤツ。」
 「違うから!オレはむしろ金髪のほうだから。」
 色々まずい。

 「コスプレ?」
 「綾○じゃない!」
 「いやいや、あれだろ?牙の王。ほら、左目に変えてみろよ。」
 「エ○・ギア!?」
 若干伝わらない。

 「コスプレ?」
 「ア○ト・ア○トじゃない!」
 「いやいや、あれだろ?霊力食うやつ。ズドォォーンって。」
 「○八!?」
 何となく伝わりそう。

 「コスプレ?」
 「お前らどんだけネタ尽きねーんだよ!」
 「は?とりあえず、あれだろ、時止めるやつ。」
 「グラス○ーアイ!?」
 意外と伝わらなさそう。

 「コスプレ?」
 「お前ら発想が乏しいのか豊富なんだかわかんねーんだけど。」
 「てか、あれだろ、バドー君」
 それだけは絶対伝わらない。

 「キモい。」
 「それはひどすぎる。」
 泣きそうだった。

 「(自主規制)された?」
 「いや、それはない。」
 伝わったら感動する。色々危ない。

 そんな感じで俺の目以上に友人達が心配です。
この記事のURL | 雑記。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
頭痛と雨。
- 2007/09/12(Wed) -
 今朝起きて最初の一言。

 「クソ頭いてぇ・・・。」

 昨日ちょっとダルいからサボんじゃなかった。昨日の三倍頭痛かったです。ちなみに今も痛いです。・・・天罰?こんばんは、てらりんです。

 雨はいい。たたずんで雨に打たれていると、汚い心を洗ってくれる。・・・涙みたい。

 今朝からの頭痛も、
 朝の電車で隣に居た二人組みの金髪ギャルの耳を刺すような話し声も、
 MP3の長すぎるコードが後ろにいた女子高生のカバンに引っかかって動けなかったことも、
 時間いっぱい椅子に座って一人でボケーッと見学してた体育の授業も、
 なんか、異常なくらい気になる切れ毛も、
 「お前、キツ過ぎ!」って言われた目つきの悪さも、
 ぬくもりと同量の寂しさを連れてくる一人きりのベットも、
 わからない数学も、
 さっさと出せって言われたケータイの反省文のことも、
 全部洗い流してくれる。

 若干流しすぎ。

 やっぱ雨はいい。いやなことも、一度だけ、一瞬だけ、全部洗い流してくれる。もう一度、がんばろうって思えるから。

 でも、雨に打たれ続けるのはオススメしません。カゼ引きますよ?
 オレはもう引いてるんで大丈夫です。

 ・・・悪化する。
この記事のURL | 雑記。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
秋。
- 2007/09/11(Tue) -
 外に出る。

 風もない。月もない。そんな夜。

 花鳥風月のうち二つが欠けてるってのに

 なんていい夜だろう。

 空気は冷たさを増し、夜は深くなっていく。

 いい夜だ。

 空を見上げるたびに、自分が地面に立っていることを思い出す。

 地に足の着いた感覚。

 確かな感触。

 自分の中にある基盤は前より確かなものになっている。

 とてもいい夜だ。

 もう、秋が来てるんだな。

 聞こえてくるのは虫の声と。

 階下の映画の音。

 おい親父、テレビ消せ。

 せっかくのいい夜なんだから。

 てか、ジーワジーワ、ってこれセミの声なんじゃねーの?

 秋が来てる・・・のか?

 それでも、いい夜だ。
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ちょいちょい徒然。
- 2007/09/10(Mon) -
 こんにちはー。一日記事休んでのてらりんです。何気に、リアルタイム更新です。

 学校サボっちゃいました。いや、だって模試疲れたんですもん。頭痛かったんですもん。朝は。・・・今は?

 にしても、こんなインドアなサボりは久しぶりです。寝まくってましたし。

 さて、この二ヶ月でオレはすっげー変わったな、って思います。具体的に何が?って言われると困るんですけどね。

 変えた原因はハッキリしてます。このブログと、俺の想いと、友達達のおかげです。ほんとに。友だちに感謝。

 というわけで、今日はこのへんで。
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自分で言ってて後から気づく。「人生=考え中。」
- 2007/09/08(Sat) -
 今日図書館のトイレ、手洗いの水がメッチャ出にくかったんです。で、隣で手ぇ洗おうとして四苦八苦してた浪人生がいたんで
 「水の出悪いっすねー。」って言ったら
 「・・・。悪いッス。」

 「「・・・・・・・・・。」」

 そんだけ!?もうちょい何か言えよ。ってか、なんだそのメチャメチャ驚いた顔っ!!
 そりゃ隣にいる「頭にヘリウムガスでも詰まってるかのよーなカッコしたヤツ」=「オレ」にいきなり話しかけられたらビビるだろうけどさっ!あんただって水素ぐらいのもんが詰まってそーな顔してんじゃん!!一応双方受験生。ダメすぎる。
 しかも外出たら向こうが「今トイレで変なヤツに話しかけられてよー!」みたいな感じで友だちと話してるし!イヤホン通り越して聞こえてくるくらいの大声でっ!
 ナンパとかしたらどうなんのかなー、ってメッチャ気になりました。てらりんです。

 昨日の鬱はどこ行ったんだ、ってなくらいに復活してます。さっきの話をネタに友人に電話するくらいに復活しました。・・・浪人生と同レベルじゃん。

 親友。本当に感謝してます。
 くじけた時に頼らせてもらって、しかも、一気に引き上げてくれて。
 そんな友だちが、一人いるだけでも御の字だってのに・・・。俺ホント恵まれてるよな。

 この日頼らせてもらった「悩める親友」。互いに手取り節取り歩いていけたらいいな、と切に願ってるよ。大好きだ。

 恥ずかしすぎるところで、悩みが解決した方向を。

 ・・・まだ、人生始まったばかりじゃん。現時点で自分の得意なこと、好きなこと、見つけられなくてても焦んなくていい。きっと、いずれ出会えるはず。

 結局、自分ができるように自分ができることを自分の精一杯やればい
い。
 今までに俺が綴った言葉の中にさえ、道はあった。「俺の人生=考え中」。今を精一杯生きて、考えて、考えたことを言葉にする。
 俺にできることが何もないわけじゃない。今できてることを、精一杯伸ばして、新しいことにも、どんどん挑戦していけたらいい。
 今の俺にできることって、なんだろう?

 この心からの言葉を以て、綴り、紡ぎ、告げる。ただそれだけ。

 うん、今はこれでいい。道は、歩んでいけるから。
この記事のURL | 雑記。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
オレは何をか生み出さん?
- 2007/09/07(Fri) -
 吐き気が止まりません。いつも心に押し込んでるこのキモチがあふれ出しそうになってるんでしょうか?こんばんは、てらりんです。

 今日は自習室の帰りにとんでもないレベルの鬱に浸りまして。
 とりあえず追記回し。
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台風上陸。
- 2007/09/06(Thu) -
 あー、今朝から吐き気が止まりません。てらりんです。

 今日はちょっと、眠すぎます。なんとか、明日の分は書いてみようと思います。んでわ。

 今日は風が強い。メッチャ風がぬるい。
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
別段普通の日常。
- 2007/09/05(Wed) -
 いつもの日常がカオス過ぎるんで、たまーに何の変哲もない日があるとどうにも記事に困ります。最近健康優良児で、今日も朝からブログの更新です。こんばんは、てらりんです。

 ってーなわけで更新が一日遅れまで追いついてまいりました。やったー!そんな感じで、三 日 前 か ら 視 認 し て い た に も 関 わ ら ず 手 を 出 せ な か っ た バトンに挑戦です。

 優夜さんから回ってきました。ありがとうございます。
 「てらりんさん:一々言動が面白いのにあっさりしてるナイスボーイ。」紹介文からの抜粋です。
 嬉しすぎて身もだえして叫んで大笑いしてました。とんだナイスボーイです。

 ってなわけで、バトンは追記。特にリンクしてる人は回されてるんでチェックしちゃってください!
この記事のURL | 雑記。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
笑い飛ばしちまえ!
- 2007/09/04(Tue) -
 幸福の後には苦悩が、苦悩の後には幸福が待っている。
 非常にいい言葉ですね。オレの好きな言葉の一つです。どうもこんばんは。てらりんです。

 人間みんな苦手なものってありますよね。オレにもイロイロ欠点があるんですが、目に見えて苦手なものがあります。・・・球技です。

 あのですね、オレが球技で上手いのっつったら、スプーン競争くらいのもんですよ。あのピン球をスプーンに乗せて走るアレです。既に球技ですらねぇ。

 本日、初授業。初体育。・・・バレーボール。

 はい、見事に沈んでおりました。だって、下手だもの。下手なんですもの!

 人数8:8くらいで勝負してですね、オレのところにきたら十中八九向こうにポイントですよ。・・・悔しすぎる。

 で、まぁ学年一元気な子が同じチームなんですけどね。ボソッと言うわけですよ。「てらりん才能なさすぎやろ、ホンマ・・・。」

 もうね、味方からの視線も敵からの視線も痛い痛い。何気に打ち返すの下手だから指も痛い痛い。金曜からの体育の授業をどこで過ごそうかばっかり考えてましたよ。

 まぁ、それも笑い話にしてですね、なんとか友だちと笑い飛ばしてました。

 そんな感じで、放課後教室で掃除監督をしておりました。すると、さっきの子が笑顔で話しかけてくるわけですよ。「お前、ほんっまに才能ねーよなー。もっと練習しよーぜ?ってーか見ててイラつくんわかるやろー?ってか、委員長キャラで運動できないってどーよ笑」見たいな感じで。

 正直ね。救われますよ。なんでアンタそんなカッコいいんすか。
 さっき敵チームだったオレの苦手なヤツもですね。まぁ、昔ッからそういうキャラやろー、みたいな感じでノッてきてですね。

 もう、さっきまでの自分がばかみたいです。校舎裏で昼寝してた自分を脳内でボコボコにして話してました。

 結局、自分のことでも、後から見直したり、ちょっとした一言をもらったりするだけで、笑い飛ばせたりするんですよね。

 そして、似たようなことが本日もう一つ。

 ・・・嫌われてると思ってた女の子に会ったんですよ。しかもその子の家の前で。

 普通にそのあと一緒に一時間ほどお散歩してですね。もうズバっと聞いたわけですよ。

 「お前、オレのこと嫌いなんじゃねーの?メールも返さねーし。」
 「へ?なんでウチがにーちゃんのコトきらいになるんよ?」

 あっさり誤解でした。メール返してこないナー、って言ったら、そっちが出してくれないんじゃん!って言われたり。ドタキャンしたじゃん、っつったら、都合悪いから他の日探してたのに!・・・とか。

 ・・・なんだこれ。とりあえず、オレの勘違い度がすさまじいな、って話です。ただ、実際嫌われてるかも、って悩んでた時期はあったんでこの話もこれで一件落着です。

 「相変わらず変だね」
 「お前もな」

 とりあえず、この変な距離だけは何とかしたいところですが。

 何より問題は、その子と歩いてる時、母親に会ったことですかね。
 ・・・どーすんだ。
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日から学校。
- 2007/09/03(Mon) -
 今日から学校だってのに、初っ端からクラスの大掃除の監督までやってきました。委員長って見事に雑用係ですよね。まぁ、この学校にいるのも二学期だけと短いんで、続けてがんばっていきましょうか。てらりんです。

 学校初日ですよ。といえば当然のごとくアレがあるんです。そう、始業式です。

 いやー、校長の話なんて面白くないってのはどこの学校でも共通だと思います。うちの学校は講堂っつーバカでかいホールに全校生千人以上をぶち込んで延々校長の話を聞かせるっていう、学期を始めたいのか同室内睡眠人数のギネスブック挑戦を始めたいのかいまいちよくわからない始業式を行ってるんです。

 で、いつもなら率先してギネスブック挑戦に参加してるオレなんですが、今回はいつもとちがう挑戦をしてみました。そう、今回は我慢大会に参加したんです。素直に始業式に参加しろ。

 毎度毎度校長の話なんて面白くないと決め付けて眠りこけるのも芸がありませんからね。ってなわけで、始業式耐え切りましたよ。がんばったオレ。

 で、校長の話なんですが、タイトルが「勉強をがんばってください」。タイトルだけでお腹いっぱいです。もう聞きたくありません。

 でまぁ、そのあとここ三年間の学年ごとの成績の推移を紹介してですね。徐々に落ちてるねー、って話をしてました。ドベの点数が三年で下がりすぎだ、と。最下位でももうちょい節操持て、と。

 んで、「学ぶってことは、学んだことの実態に気づくってことなんだよ。」さらに、「うちの学校は日本に三ヵ所ある姉妹校にも、更に他の学校にも、誇れるような学校です。文化祭も体育祭も生徒だけで実行して教師なんて一人もいない。本当にすばらしいです。・・・授業以外は。」

 そんなわけで皆さんがんばって勉強して、最下位の人もがんばって這い上がってくださいね、って話でした。

 ふむ。校長。

 ・・・・・・・面白いじゃないですか。

 あれ、校長の話っていっつも面白くないじゃないですか。もしかして、進化しました?・・・これ以上は失礼すぎる。

 きっと、校長が話をする=面白くなさそう っていう先入観の等式が成り立ってるってのもあるんでしょうが、それ以上に話をする姿勢とかが重要なのかもしれません。あんまり「オレの話を聞いてくれっ!」って感じで話しませんからね、うちの校長。まぁ、そんな暑苦しいオレみたいな校長も迷惑かもしれませんが。

 きっと、話の内容がどうあれ、話をするときの声、身振り手振り、表情、そして魂が、話の面白さ、聞きやすさを決めるんじゃないでしょうか。

 そんなことを校長の話を聞きながら思っていたのでした。そして、気づく。

 「ぁ、オレが世界史勉強すりゃー最下位のレベル上がるじゃねぇか。」
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏休みが終わる。
- 2007/09/02(Sun) -
 さぁ、今日で夏休みが終わります。結局女の子の収穫はありませんでした。てらりんです。

 まぁ、目の保養には困りませんでしたけど。それはそれでイロイロ困るんですが、最近このブログの対象年齢が中途半端に上がったり下がったりしてるんで敢えて触れずにいきましょう。

 この夏は受験の夏ってことで、例年の夏とはもう比べ物にならないくらい勉強しました。いや、マジで比べ物になりません。だって今まで0だもの。あは。0×n=0。

 勉強はともかく、色んなことがありました。

 一人で広島行ったり、友だちのトコに泊めてもらったり、親友と夜な夜な電話したり、一人で夜な夜な散歩行ったり、友人とお別れしたり、人の心の温かさを実感したり、悩める親友と共に悩んだり、世界の美しさに触れたり。

 何を得たかなんてわかんないし、何も得てないかもしれない。ただ、いずれ何かの形で生きてきたらいいな。

 この夏もいい夏だったと思う。今年は恋はなかったけど、それでもいい夏だった。

 全ての友人と、家族と、オレと、世界、そして、夏に感謝してます。

 ちなみに、夏の間で見るからに得たものは髪の長さ。まぁ、それも今日切ったんだけど。結局何を得たかはわからない。
この記事のURL | 雑記。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夏が終わる・・・。
- 2007/09/01(Sat) -
 九月頭から若干センチメンタルな記事をお送りいたしました。てらりんです。こんばんわ。

 この日は前々から約束していた映画に行ってまいりました。そうこの日は、ある映画の公開日だったんです。夏の最後の思い出、といったところでしょうか。

 ぁー、オチが見当たらない。とりあえず、ヱヴァンゲリヲンでした。はい。最近イロイロ捨ててます。やっぱりいろんな人が居ますねー。

 にしても、最近Rockerなファッションの子が増えたと思います。
 アレかわいいですよね。まぁ、ゴスロリもかわいいんですけどね。

 ただ、正直言って、似合うかどうかって重要だと思います。俺自身ファッションセンス幼いですけどね。

 うん、まぁ、好きな服好きなように着て、それが可愛けりゃ、かっこいけりゃ、なんでもいいんでしょうね。

 九月二番目の記事は、更新を焦る管理人の面白くない話でした。んでわ!
この記事のURL | 雑記。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
月に叢雲。花に風。
- 2007/09/01(Sat) -
 あまりに明るくて眠れない。外が、明る過ぎる。

 不審に思って窓を開け。夜の世界に一歩出る。

 月が、眩しい。

 月の光が非常に明るいことを。知らない人はきっと多い。

 ただここまで明るいとは。自分自身気が付いていなかった。

 空にはまばらな雲が広がり。風に乗って大きくうねる。

 雲の切れ間から差す月光は。あまりに冷たく冴え渡る。

 まさに、月に叢雲。

 故人は言った。月には叢雲。花には風。

 世の中そんなにうまくはいかない。いつだって何か邪魔をする。

 ただその時の自分は。そんな風には感じなかった。

 叢雲のなかでこそ月は冴え、風の中でこそ花は舞う。


 大きな障害の中でこそ。真の美しさに出会える。

 苦悩ありてこその幸福。幸福ありてこその苦悩。

 いずれあの夜の月のごとく。冴え渡る幸福に出会えるなら。
この記事のURL | 雑記。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。